顔の印象を大きく変える

医者

簡単に目を大きくする方法

人の印象の8割は顔で決まると言われています。特に目にコンプレックスを持っている人は多く、毎日のように化粧・アイプチ・つけまつげなどのあらゆる手を使って、目を大きく見せるために頑張っている女性はとても多くいます。忙しいのに毎日の支度に時間がかかる、そんな人の為に美容整形による仕組みや効果を知っていただきたいです。二重整形は美容整形の中でも最もポピュラーで、比較的安価で手術を受けることのできる身近な整形手術です。仕組みとしては、埋没法と切開法の二通りあります。埋没法とは、簡単に言うとメスを使わず(切らず)に医療用の針と糸を使い二重をつくる施術のことを言います。髪の毛よりも細い医療用の糸をまぶたの内側から留めるだけなので、15分程度と短時間で施術が可能であり、抜糸ができるので万が一の際に修正も可能となっています。また、メスを使わないため、腫れが少なくすぐに効果を実感できるという口コミも多く挙がっています。一方で切開法とは、まぶたにメスを入れ、しっかりとしたラインを作り二重に適した状態を形成する術式です。この切開法の一番のメリットは、持続力です。埋没法は、自分で目をあける力をかりて二重にする手法ですが、切開法はまぶたや目のあける力を二重に適した状態として形成するので、綺麗なラインを半永久的に維持することができます。「手術をしたことを忘れてしまうほど自然に仕上がって大満足」といった口コミも多く見られます。ここで知っておいていただきたいことが、「クリニック・ドクターの選び方」と「手術を受ける適切な時期」です。まず、良いクリニック・ドクターを選ぶことは非常に重要です。どんなに有名なクリニックであっても二重整形を執刀するのはそこに所属しているドクターなので、ドクターの技量によってクオリティーにばらつきは出てしまいます。ポイントとしては、二重整形の症例を多数行っているか、実績や業界の経験年数はあるかなどです。一番に重要視したい点は、症例数をたくさんこなしていることと、その口コミがどのようなものであるかというところです。口コミからは実体験を同じ一般目線で聞くことが出来るので、どのような意見にもしっかりと目を通すことをおすすめします。また、総合的な情報を公開している量を見ることも重要です。そして、この二重術を受ける適切な時期としては、大体高校生ぐらいから検討するのが良いと思われます。高校生未満の年齢ではまだ発育途上であり、目の開ける力などがとても未熟です。なので、それなりのリスクが発生する可能性が高く、あまりお勧めできません。しかし、どうしてもコンプレックスが強くあり、話を聞いてみたいという方は、ドクターの技術やまぶたの質などによってある程度リスクを回避すること出来るので、高校生未満で二重の整形を検討する場合は、一度クリニックへ行き、担当ドクターと綿密なカウンセリングを行うことをおすすめします。

Copyright© 2018 理想の二重は整形施術でゲット【治療をした人の口コミなどで確認】 All Rights Reserved.